法人カードで経費を削減

ある工夫で審査通過率アップ?

会社設立直後でも発行可能

自分の会社を立ち上げ、ついにビジネスの大海原へ自分の船を出だした方は、特に最初のうちはどんな困難でも怖いものなどないような全能感に満ちあふれていることでしょう。しかし、少し経って冷静になってみると、自分の会社に足りないものがいくつも存在していることに気づきます。

そのひとつとして、自分の会社に資産がそれほどないということが挙げられます。資産をそれほど持ち合わせていない会社経営者の方は、法人カードの契約をしておくことがおすすめです。法人カードをご検討中ならこちら。

法人カードとは、主に会社経営者や個人事業主向けに発行されているカードであり、経理や資産運用など会社を経営していくうえでの様々な事柄をサポートしてくれる大変頼りになるカードのことを言います。会社を立ち上げた方であれば、ぜひとも持っておきたいカードですね。

カード約款等に書かれているために誤解されやすいのが、「法人カードは会社設立後3年を経過してもなお良好な経営状態の会社経営者のみ作ることができる」という点です。実際には会社を設立した直後であっても、法人カードを作ることはできます。確かに会社設立直後はカードの審査になかなか通りづらい面もあるのですが、会社を設立してすぐであっても審査にさえ通ってしまえば法人カードを持つことは可能です。

カードの審査に関しては、外資系のカード会社の方が比較的通りやすくなっていますので、特に会社設立直後に審査申し込みをする方は外資系の法人カードを狙ってみるのも良いでしょう。

また審査通過率をアップさせるために、会社で1台固定電話を持っておくという工夫をしてみるのがおすすめです。カードの審査は申込者の信用の度合いで決まってきますから、ペーパーカンパニーでないことを示すためにも、固定電話を契約しておくことは重要になってくると言えますね。